Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新潟県環境保全事業団のサイトに不正アクセス - 一時閉鎖

新潟県環境保全事業団のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。

新潟県によると、1月13日11時前に同事業団のウェブサイトが不正アクセスを受けたことが判明したもの。前日12日に同サイトの検索機能が利用できなくなり、調査を実施したところ判明したという。

同事業団ではサイトを閉鎖し、被害状況を調査している。調査結果が判明し、対策を講じて安全性を確認したうえでサイトを再開する予定。

(Security NEXT - 2017/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
県寄付サイトに2万回以上の不正入力、カード決済を一時停止 - 長野県
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
教育委員会ネットワークに不正アクセス、影響などは調査中 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
産総研のネット接続再開に目処 - 他国立研究開発法人では被害確認されず