Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新潟県環境保全事業団のサイトに不正アクセス - 一時閉鎖

新潟県環境保全事業団のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。

新潟県によると、1月13日11時前に同事業団のウェブサイトが不正アクセスを受けたことが判明したもの。前日12日に同サイトの検索機能が利用できなくなり、調査を実施したところ判明したという。

同事業団ではサイトを閉鎖し、被害状況を調査している。調査結果が判明し、対策を講じて安全性を確認したうえでサイトを再開する予定。

(Security NEXT - 2017/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
「7pay」不正利用問題で対策プロジェクトを立ち上げ - セブン&アイHD
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大