Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新潟県環境保全事業団のサイトに不正アクセス - 一時閉鎖

新潟県環境保全事業団のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。

新潟県によると、1月13日11時前に同事業団のウェブサイトが不正アクセスを受けたことが判明したもの。前日12日に同サイトの検索機能が利用できなくなり、調査を実施したところ判明したという。

同事業団ではサイトを閉鎖し、被害状況を調査している。調査結果が判明し、対策を講じて安全性を確認したうえでサイトを再開する予定。

(Security NEXT - 2017/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 顧客情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
長野県の河川水位情報サイトが改ざん - マルウェア感染の可能性
5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
MSDに不正アクセス、顧客情報流出は否定
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業