Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバへの不正アクセス、原因わからず - 優良住宅ローン

長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の提携業務などを行っている優良住宅ローンが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した問題で、同社は調査結果や再発防止策を公表した。

同社のメールサーバが不正アクセスを受け、役職員5人のメールアカウントが、受信したメールを外部へ転送するよう設定が変更されていたもので、同社は2016年10月26日に事態を公表していた。

2016年9月10日から30日の間に受信したメールが流出した可能性が高く、当初同社は外部に転送された顧客情報について3万7247人分と発表していたが、その後の調査により流出した件数を下方修正。3万7168人分と訂正した。

今回の不正アクセスは、メールサーバを管理するアカウントを第三者に奪取されたのが原因だが、外部事業者と連携して調査を行ったが、アカウントが取得された経緯や詳しい原因についてわからなかったという。

同社では再発防止に向け、管理パスワードの管理方法を見直し、社外からメール管理サーバへのアクセスを禁止する。また社内システムとインターネットの分離や、メール運用方法の見直し、インシデントの早期発見などを推進するとしている。

(Security NEXT - 2017/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト