Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、アップデートで「Acrobat/Reader」の脆弱性29件を修正

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」の深刻な脆弱性を解消するセキュリティアップデートをリリースした。あわせて29件の脆弱性に対処している。

20170111_as_001.jpg
29件の脆弱性に対応したAdobe Systems

今回のアップデートは、同製品の「Windows版」および「Mac版」を対象としたもの。

メモリ破壊やバッファオーバーフロー、解放したメモリへアクセスする「use after free」、型の取り違え、セキュリティ機能のバイパスなど、CVEベースであわせて29件の脆弱性を修正した。

脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがある。公開時点で脆弱性の悪用は確認されていない。

同社では、「Continuous(連続トラック)」向けに「同15.023.20053」、「Classic(クラシックトラック)」向けに「同15.006.30279」をリリースしたほか、「同11.0.19」を用意した。

適用優先度については、3段階中2番目にあたる「2」と指定しており、30日以内を目安にアップデートするよう推奨している。

同社が今回のアップデートで修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-2939
CVE-2017-2940
CVE-2017-2941
CVE-2017-2942
CVE-2017-2943
CVE-2017-2944
CVE-2017-2945
CVE-2017-2946
CVE-2017-2947
CVE-2017-2948
CVE-2017-2949
CVE-2017-2950
CVE-2017-2951
CVE-2017-2952
CVE-2017-2953
CVE-2017-2954
CVE-2017-2955
CVE-2017-2956
CVE-2017-2957
CVE-2017-2958
CVE-2017-2959
CVE-2017-2960
CVE-2017-2961
CVE-2017-2962
CVE-2017-2963
CVE-2017-2964
CVE-2017-2965
CVE-2017-2966
CVE-2017-2967

(Security NEXT - 2017/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開