Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NETGEAR製ルータ向けに修正ファームウェア - ベータ版利用者も早期更新を

NETGEARが提供する複数のルータに、コマンドインジェクションの脆弱性が見つかった問題で、同社は脆弱性を修正したファームウェアをリリースした。

問題の脆弱性は、認証を必要とせずにウェブインタフェースよりコマンドが実行可能となる「CVE-2016-6277」。「認証の欠如」や「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」などの脆弱性も含まれる。

脆弱性の判明を受けて、同社では脆弱性を解消したファームウェアの開発を進めていたが、今回全製品のアップデートが利用可能となった。

また同社ではベータ版のファームウェアを先行して公開していたが、コマンドインジェクションの脆弱性が残っている可能性もあるとして、最新のファームウェアを早期に適用するよう強く推奨している。

影響を受けるシステムは以下のとおり。

R6250
R6400
R6700
R6900
R7000
R7100LG
R7300DST
R7900
R8000
D6220
D6400

(Security NEXT - 2016/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定