Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション

日立情報通信エンジニアリングと日立ソリューションズは、セキュリティ脅威の発生時にネットワークを自動制御し、隔離するソリューションを12月21日より提供開始する。

同ソリューションは、Splunkのログ管理製品「Splunk」と、シスコシステムズのネットワーク管理SDNシステム「Cisco Prime Infrastructure」を連携させたもの。

日立情報通信エンジニアリングが、両システムの連携プログラム「インシデント レスポンス自動化SDK for Prime Infrastructure」を開発。「Splunk」で検知した脅威情報を踏まえ、対象端末のIPアドレスから機器を遮断したり隔離するなど制御が可能。

同ソリューションおよび「Splunk」「Cisco Prime Infrastructure」は個別見積り。連携プログラムは183万6000円から。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に
三菱電機、制御システムへの攻撃をリアルタイムに検知する新技術
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション
NHNテコラス、セキュリティ人材の育成サービスを開始 - 制御システムのトレーニングプログラムも
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
制御システム向け「FortiGate Rugged」に新モデル - 寒暖差激しい環境にも対応
NRIセキュア、「IoT」向けのセキュリティコンサルサービス