Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション

日立情報通信エンジニアリングと日立ソリューションズは、セキュリティ脅威の発生時にネットワークを自動制御し、隔離するソリューションを12月21日より提供開始する。

同ソリューションは、Splunkのログ管理製品「Splunk」と、シスコシステムズのネットワーク管理SDNシステム「Cisco Prime Infrastructure」を連携させたもの。

日立情報通信エンジニアリングが、両システムの連携プログラム「インシデント レスポンス自動化SDK for Prime Infrastructure」を開発。「Splunk」で検知した脅威情報を踏まえ、対象端末のIPアドレスから機器を遮断したり隔離するなど制御が可能。

同ソリューションおよび「Splunk」「Cisco Prime Infrastructure」は個別見積り。連携プログラムは183万6000円から。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス