Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション

日立情報通信エンジニアリングと日立ソリューションズは、セキュリティ脅威の発生時にネットワークを自動制御し、隔離するソリューションを12月21日より提供開始する。

同ソリューションは、Splunkのログ管理製品「Splunk」と、シスコシステムズのネットワーク管理SDNシステム「Cisco Prime Infrastructure」を連携させたもの。

日立情報通信エンジニアリングが、両システムの連携プログラム「インシデント レスポンス自動化SDK for Prime Infrastructure」を開発。「Splunk」で検知した脅威情報を踏まえ、対象端末のIPアドレスから機器を遮断したり隔離するなど制御が可能。

同ソリューションおよび「Splunk」「Cisco Prime Infrastructure」は個別見積り。連携プログラムは183万6000円から。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
OTネットワークのリスク可視化サービス
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業