Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーの業務用ネットワークカメラに脆弱性 - システム権限奪取されるおそれ

ソニーのネットワークカメラに脆弱性が含まれていることがわかった。同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、複数のネットワークカメラにおいて、製品にアクセスできる第三者により認証情報を取得される可能性がある脆弱性が判明したもの。脆弱性を悪用された場合、システムの権限を取得されるおそれがあるという。

同脆弱性は、SEC Consultがソニーへ通知したもので、周知のために同社がJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。ソニーでは、脆弱性を修正したファームウェアを用意しており、利用者へアップデートを呼びかけている。

20161129_so_001.jpg
対象機器およびアップデート(表:ソニー)

(Security NEXT - 2016/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ntpd」に10件の脆弱性 - アップデートがリリース
「ntpd」に5件の脆弱性、サービス拒否のおそれ
「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開
ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」に脆弱性
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録