Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャットによるサポートに見せかけ、個人情報を聞き出すフィッシング

利用者に対して、「チャット」によりきめ細かなサポートサービスを提供するオンラインショップが増えているが、同様の機能を用意していると見せかけ、個人情報などをだましとるフィッシングサイトが確認されている。

BBソフトサービスによれば、同社が確認した詐欺サイトでは、閲覧中に質問を受け付けるチャットのような画面を表示。質問の入力を求めていた。

同画面より質問を投げかけると、担当者は席を外しており、折り返し連絡するなどと返答。入力フォームへ誘導し、連絡先など情報を入力するよう求める。要求に従い、情報を送信してしまうと悪用されるおそれがある。

実際にチャット機能が有効に機能しているか不明だが、仮に攻撃者がオペレーターとしてチャットで対応している場合は、会話によって利用者へ実在する正規サイトと誤認させたり、会話から情報を引き出されるといった危険性もある。

また利用者側で意識してチャット時の会話や取引の記録など残していないと、実際に被害が発生して被害届を出す場合も、証拠が手元に残っていないおそれもあると同社では指摘。新手のフィッシングへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加