Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約20人に1人がランサムウェアに遭遇 - 日本が2四半期連続でトップ

2016年第3四半期は、前四半期に続き、日本がもっともランサムウェアの遭遇率が高かったとする調査結果をKaspersky Labが取りまとめた。

20161118_kl_002.jpg
ランサムウェアの遭遇率を示した地図(グラフ:Kaspersky Lab)

同社によれば、同四半期に同社製品のユーザーにおいてランサムウェアに遭遇したユーザーは82万1865人で、前四半期の2.6倍となった。

もっとも多く攻撃が確認された国は、前四半期に引き続き「日本」。同社製品ユーザーの4.8%がランサムウェアに遭遇しており、前四半期の2.4%から倍増したという。「クロアチア(3.7%)」「韓国(3.3%)」が続く。

同四半期にもっとも多く確認されたのは「CTB-Locker」で、ランサムウェアに遭遇したユーザーの28.3%を占める。次いで「Locky(9.6%)」「CryptXXX(8.9%)」の活動が目立った。

20161118_kl_001.jpg
ランサムウェア亜種の件数推移(グラフ:Kaspersky Lab)

遭遇率が増加した背景にはダウンローダー「 Trojan-Downloader.JS.Cryptoload 」があると同社では分析。同マルウェアはさまざまなランサムウェアをダウンロードする機能を備えている。

また攻撃者はセキュリティ対策製品による検知を回避するため、次々と新しい亜種を作成しており、亜種の急増ことも影響した。同四半期に検知したランサムウェアの亜種は3万2000件を超えており、前四半期の3.4倍にのぼる。

(Security NEXT - 2016/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割