Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブデザイナー向けCMSにXSSの脆弱性

ウェブデザイナーやコーダー向けに提供されているオープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)「DERAEMON-CMS」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同0.8.9」および以前のバージョンに脆弱性「CVE-2016-7813」が存在することが判明したもの。脆弱性が悪用されると、アクセスしたユーザーのブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがあるという。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの小河哲之氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。開発者より脆弱性を修正した「同0.9.0」が公開されている。

(Security NEXT - 2016/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク
Juniperがアップデートを公開 - 複数製品に深刻な脆弱性
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「F-RevoCRM」にXSSの脆弱性 - アップデートで修正
複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
Google、脆弱性に対処した「Chrome 79.0.3945.117」をリリース
「Chrome」にセキュリティアップデート - 脆弱性1件を修正