Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブデザイナー向けCMSにXSSの脆弱性

ウェブデザイナーやコーダー向けに提供されているオープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)「DERAEMON-CMS」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同0.8.9」および以前のバージョンに脆弱性「CVE-2016-7813」が存在することが判明したもの。脆弱性が悪用されると、アクセスしたユーザーのブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがあるという。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの小河哲之氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。開発者より脆弱性を修正した「同0.9.0」が公開されている。

(Security NEXT - 2016/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み