Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内モバイルセキュリティの市場規模は56億円 - 2020年には約2倍に

2015年の国内における法人向けモバイルセキュリティ市場規模は、前年比21.3%増となる56億円だった。

20161026_id_001.jpg
国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場の売上予測(グラフ:IDC Japan)

IDC Japanが、法人向けに提供されている「モバイルアイデンティティ、アクセス管理」「モバイルセキュアコンテンツ、脅威管理」「モバイルセキュリティ、脆弱性管理」「そのほかモバイルセキュリティ」をモバイルセキュリティ市場とし、2015年の実績や今後の市場規模の予測について取りまとめたもの。

2015年の国内企業向けモバイルセキュリティ市場は、前年比21.3%増の56億円。同社では、2015年から2020年までの年間平均成長率を16.1%とし、2020年の市場規模を現在の約2倍にあたる118億円へ成長すると予想している。

なかでも、マルウェアや不正アクセス、情報漏洩防止などの対策製品を含む「モバイルセキュアコンテンツ、脅威管理」の製品が、モバイルセキュリティ市場の5割近くを占めており、引き続き成長を牽引していくと同社は分析している。

(Security NEXT - 2016/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内セキュリティ製品の市場規模、2016年は2807億円 - 前年比4%増
日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業
クラウドセキュリティ市場、引き続き20%強の高成長を維持 - IDC予測
2017年に設立される新生「McAfee」のロゴが初披露 - テーマは業界連携
IPA、SSL/TLS製品の設定方法を解説 - 規定で推奨準拠は1割未満
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
2015年の標的型攻撃対策ソリューション市場は3758億円
モバイルコンテンツ管理市場は10億1000万円 - 前年度比21.7%増を記録
多摩大、「サイバーセキュリティ国際標準化研究会」 - 米NISTも協力
2015年の外部脅威対策製品市場は1778億円 - 前年比5.8%増