Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内モバイルセキュリティの市場規模は56億円 - 2020年には約2倍に

2015年の国内における法人向けモバイルセキュリティ市場規模は、前年比21.3%増となる56億円だった。

20161026_id_001.jpg
国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場の売上予測(グラフ:IDC Japan)

IDC Japanが、法人向けに提供されている「モバイルアイデンティティ、アクセス管理」「モバイルセキュアコンテンツ、脅威管理」「モバイルセキュリティ、脆弱性管理」「そのほかモバイルセキュリティ」をモバイルセキュリティ市場とし、2015年の実績や今後の市場規模の予測について取りまとめたもの。

2015年の国内企業向けモバイルセキュリティ市場は、前年比21.3%増の56億円。同社では、2015年から2020年までの年間平均成長率を16.1%とし、2020年の市場規模を現在の約2倍にあたる118億円へ成長すると予想している。

なかでも、マルウェアや不正アクセス、情報漏洩防止などの対策製品を含む「モバイルセキュアコンテンツ、脅威管理」の製品が、モバイルセキュリティ市場の5割近くを占めており、引き続き成長を牽引していくと同社は分析している。

(Security NEXT - 2016/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に