Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータウェーブ、スマホ向けアプリの脆弱性診断サービス

NTTデータウェーブは、スマートフォン向けアプリを対象とした脆弱性診断サービスを、11月より提供開始する。

同社のネットワークサービス「WaveNETMateサービス」に、スマートフォン向けに提供されているアプリの脆弱性診断サービスをメニューとして追加したもの。ゲームアプリ向けのメニューも用意している。

同サービスでは、システムやアプリに対して模擬的な攻撃を行って脆弱性の有無を検査し、改善案とともに検査結果をレポートとして提供。また必要に応じてウェブアプリやプラットフォームなどを診断する既存サービスもあわせて提供する。

また同社は、ウェブサイトに対しユーザー視点でのパフォーマンス測定を行い、遅延の要因を特定する「Webサイトパフォーマンス診断サービス」もあわせてリリースした。

(Security NEXT - 2016/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力