Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータウェーブ、スマホ向けアプリの脆弱性診断サービス

NTTデータウェーブは、スマートフォン向けアプリを対象とした脆弱性診断サービスを、11月より提供開始する。

同社のネットワークサービス「WaveNETMateサービス」に、スマートフォン向けに提供されているアプリの脆弱性診断サービスをメニューとして追加したもの。ゲームアプリ向けのメニューも用意している。

同サービスでは、システムやアプリに対して模擬的な攻撃を行って脆弱性の有無を検査し、改善案とともに検査結果をレポートとして提供。また必要に応じてウェブアプリやプラットフォームなどを診断する既存サービスもあわせて提供する。

また同社は、ウェブサイトに対しユーザー視点でのパフォーマンス測定を行い、遅延の要因を特定する「Webサイトパフォーマンス診断サービス」もあわせてリリースした。

(Security NEXT - 2016/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性