Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けカートプラグイン「WP-OliveCart」に脆弱性

WordPress向けショッピングカートプラグイン「WP-OliveCart」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同プラグインにSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2016-4905」をはじめ、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2016-4903」や、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2016-4904」などの脆弱性が含まれていることが判明したという。

同脆弱性は、トレードワークスの佐藤元氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。同プラグインの開発者は、脆弱性を解消した「WP-OliveCart 3.1.3」および「同3.1.8」をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
WordPress用レビュープラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」向けニュースレタープラグインに脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「WordPress 4.9.5」がリリース、セキュリティ関連など28件のバグを修正
WordPress向けデータインポート用プラグインに2件の脆弱性