Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、「エンジニアの卵」を支援するプログラムの募集を開始

ラックは、ITに関する技術やアイデアを持つ若年層を支援するプログラム「すごうで」の募集を開始した。

同プログラムは、ITに関する技術力とアイデアを持ち、それらを活用して実現させたい夢がある「エンジニアの卵」を発掘、支援する試み。2013年度よりスタートし、今回で5回目。

ITで実現したい目標や具体的な活動計画を持つ20歳未満の若者またはグループを支援対象とし、応募の中でアイデアが最も優れた1件を選定。技術的な助言を行うほか、活動に必要な経費を100万円まで支援する。実現したい夢については、ソフトウェア開発からハードウェア開発、イベント規格など内容は問わない。

所定の申込書と活動計画書に必要事項を記入し、すごうで事務局宛てに郵送する。締め切りは2017年1月10日。プログラムの詳細は特設サイトから。

(Security NEXT - 2016/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
日本クレジット協会、若年層向けにクレカ啓発キャンペーン - イメージキャラクターは吉本実憂さん