Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUSの無線LAN中継器にCSRFなど複数の脆弱性 - 複数機器に影響か

AsusTek Computer製の無線LAN中継器「ASUS RP-AC52」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。同機器以外にも同社の複数機器が同様の影響を受ける可能性もあるとし、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同製品のウェブインターフェースに「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2016-6557」や、「コマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2016-6558」が含まれていることが判明したもの。修正方法は不明。

またセキュリティ機関の調査によれば、「EA-N66」「RP-N12」「RP-N14」「RP-N53」「RP-AC56」「WMP-N12」といった他製品についても脆弱性が存在する可能性があり、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正
Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
「Drupal」に複数の脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「WordPress」用ジョブボード追加プラグインに脆弱性 - リモートから画像ファイルがアップロード可能に
バックアップソフト「Acronis True Image」の更新機能に脆弱性
WordPress向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応