Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASUSの無線LAN中継器にCSRFなど複数の脆弱性 - 複数機器に影響か

AsusTek Computer製の無線LAN中継器「ASUS RP-AC52」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。同機器以外にも同社の複数機器が同様の影響を受ける可能性もあるとし、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同製品のウェブインターフェースに「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2016-6557」や、「コマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2016-6558」が含まれていることが判明したもの。修正方法は不明。

またセキュリティ機関の調査によれば、「EA-N66」「RP-N12」「RP-N14」「RP-N53」「RP-AC56」「WMP-N12」といった他製品についても脆弱性が存在する可能性があり、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイボウズガルーン」にSQLiなど7件の脆弱性 - 修正版へ更新を
「Logic Pro X」がアップデート、脆弱性を修正
MS、定例外の修正パッチを急遽リリース - Adobe Flash Playerの脆弱性に対処
OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を
脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも
延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS
OpenSSLにセキュリティアップデート - 重要度「高」の脆弱性を修正
Adobeのマーケティングツールに2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Brooklyn」に2件の脆弱性 - 修正版が公開