Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

25年ぶりとなる広島カープの優勝に便乗する詐欺サイト

25年ぶりにリーグ優勝を果たしたプロ野球チーム「広島東洋カープ」の優勝グッズ販売を装った詐欺サイトが確認された。金銭やクレジットカードなど個人情報を騙し取られるおそれがある。

BBソフトサービスによれば、これまでもユニフォームや帽子などの販売に見せかけた偽サイトが発生しているが、25年ぶりの優勝が決定したタイミングにあわせ、優勝記念グッズで誘導するあらたな詐欺サイトが確認されたという。

問題の詐欺サイトでは、優勝記念のスマートフォンケースや、本拠地の水道局とコラボレーションしたキーホルダーなどを販売しているように見せかけていた。同チームは、日本シリーズに進出を決めており、同社では引き続き注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も