Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイナポイント無効になる」とだますフィッシング攻撃に注意

マイナポイント事務局を装い、「マイナポイントがまもなく無効になる」などと不安を煽り、個人情報をだまし取るフィッシングメールが確認されている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

政府では、マイナンバーカードを利用して申し込むことにより、最大2万円分のポイントが受け取れるマイナポイント第2弾事業を展開しているが、同事業に便乗し、不安を煽ってクレジットカード情報などをだまし取るフィッシング攻撃が確認されたもの。

2023年4月の段階でマイナポイントの申込期限は「2023年9月末」となっているが、問題のメールでは「ポイントがまもなく失効する」などと説明し、本文記載のリンクから偽サイトへ誘導。メールアドレスやパスワード、氏名、生年月日、電話番号、住所のほか、受取先などと説明してクレジットカード情報を入力させようとしていた。

フィッシングサイトでは、同事業や総務省のアイコンなどを盗用。攻撃者が創作したと見られる記載部分は「ミナポイント」となっているなど、ずさんな点も見られた。

フィッシング対策協議会では、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるとして引き続き注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を