Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ脆弱性の対策技術競うコンテストを実施 - MBSD

三井物産セキュアディレクションは、専門学校生を対象としたセキュリティコンテストを開催する。

「MBSD Cybersecurity Challenges」は、専門学校に在籍する学生を対象としたセキュリティコンテスト。4人以内のチームで参加し、ウェブシステムに潜む脆弱性を発見、対策を検討する技術力を競う。

参加者は、課題となるウェブシステムに潜む脆弱性を発見し、再現方法や攻撃による想定被害、対策方法などをレポートにまとめて提出。それをもとに一次審査を行い、上位10チームが12月13日の最終審査会に進出する。

最優秀賞には、ウェブアプリケーションの脆弱性診断を行う「Burp Suite Professional」のライセンス1年分のほか、同社インターンシップの参加権を提供する。募集期間は11月15日まで。詳細は、コンテスト紹介ページから。

(Security NEXT - 2016/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も