Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度上半期、マイナンバー漏洩事故は66件 - 「重大事態」2件

2016年度上半期に発生した特定個人情報に関する漏洩や紛失などの事故は66件だった。そのうち2件は「重大な事態」だったという。

個人情報保護委員会が、2016年4月から9月までの2016年度上半期に関する活動状況を取りまとめたもの。特定個人情報の漏洩や紛失といった事故は、同期間中に49機関から66件の報告を受けたという。

内訳を見ると、行政機関が2機関より3件、地方公共団体が30機関で37件、民間事業者が17機関で26件だった。また立入検査の実施件数は4件で、マイナンバー法違反のおそれがあるとして5件に対して文書による指導を実施した。

また66件のうち、2件に関しては紛失した特定個人情報が100人を超えており、委員会規則が定める「重大な事態」にあたる。いずれも民間事業者からの報告だった。

1件は従業員約400人分のマイナンバーが記載された扶養控除等申告書を郵便局へ運ぶ途中、車両の窓ガラスを割られ持ち去られたという。また別の1件では、再委託先の担当者が情報システムに記録されていた特定個人情報含む従業員情報約400人分を誤って削除した。

また、同期間中にマイナンバー苦情あっせん相談窓口が受け付けた苦情や相談は545件。内容を見ると、「提供の求め、本人確認」に関するものが202件と最も多い。「管理体制」が121件、「漏洩、紛失など」が64件で続き、「通知カード、マイナンバーカードの取扱い(39件)」「個人情報保護法(34件)」といった相談も寄せられた。

20161013_ko_001.jpg
マイナンバー苦情あっせん相談窓口における受付内容(表:個人情報保護委員会)

(Security NEXT - 2016/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
全従業員のマイナンバーを収集した企業、7割から8割
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず
マイナンバー法違反など83件、 2件は「重大事態」 - 試行的な立入検査実施も
グループ企業が多いほど進むマイナンバー対応
マイナンバー制度に8割超が不安 - 「期待」は4割届かず