Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も

マイナンバーカードの作成時に複数必要となるパスワード。いつものパスワードを使い回すとの声も少なくないようだ。

パスロジが5月13日から18日にかけて、同社Twitterアカウントを通じてアンケート調査を実施、結果を発表したもの。

複数のパスワードの設定が必要となるマイナンバーカードの作成にあたり、どのようなパスワードを用いるか尋ねたところ、回答2718件のうち、50.5%が「いつものパスワードを使う」を選択した。「その場で作って紙やスマホにメモ」が34.8%、「パスワード管理アプリで自動生成」が14.7%だった。

パスワードの管理方法については、7215件の回答があり、34.2%が記憶に頼っており、「パソコンやスマホに記録」が28.5%、「紙にメモ」が28.3%、「パスワード管理アプリを使う」が9.0%だった。

(Security NEXT - 2020/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験