Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、10月より月例更新を単一ロールアップに - セキュリティ更新のみのプログラムも用意

同社では今後1年をかけて、過去にリリースした修正プログラムを月例のロールアップへプロアクティブに追加していく方針。

同社は、利用者が適用するプログラムを選択できる従来の方法により、異なる更新プログラムが適用された端末が混在し、同期や依存関係の問題による検証の複雑化など、品質低下を招いていたと説明。ロールアップモデルの採用により、更新プログラムの適用環境について均一化を図りたい考えだ。

「ロールアップ」により、利用者は管理する更新プログラム数を減らすことができ、更新プログラムの断片化の防止や品質の向上が期待できるとメリットを強調している。

また同社では、提供月のセキュリティに関する更新のみをまとめた「セキュリティのみの品質更新プログラム」も用意するとしており、「WSUS」「SCCM」「Windows Updateカタログ」「Microsoft Update カタログ」を通じて提供する。

ただし、いずれのロールアップも「セキュリティ問題の修正プログラム」として扱われるため、自動承認ではすべての更新を含む「セキュリティマンスリー品質ロールアップ」が展開される。「品質更新プログラム」のみ適用する場合は、手動承認を行うなど対応が必要となるという。

(Security NEXT - 2016/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正