Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge」にセキュリティ更新 - 独自の修正も実施

マイクロソフトは、現地時間4月4日にブラウザ「Microsoft Edge」のセキュリティアップデートをリリースした。同ブラウザ特有の脆弱性も修正している。

「Chromium 123.0.6312.107」「同123.0.6312.106」「同123.0.6312.105」がリリースされたことを受け、これらバージョンをベースとする「Microsoft Edge 123.0.2420.81」をリリースしたもの。

「Chromium」にて修正された脆弱性3件「CVE-2024-3156」「CVE-2024-3158」「CVE-2024-3159」にくわえて、独自になりすましの脆弱性2件の修正を行っている。

「CVE-2024-29049」「CVE-2024-29981」のいずれも「なりすまし」の脆弱性としており、悪用するには、細工したファイルをユーザーに開かせる必要があるとしている。

「CVE-2024-29049」については、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「4.1」、重要度を4段階中、上から3番目にあたる「警告(Moderate)」とした。

(Security NEXT - 2024/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース