Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性4件を解消

マイクロソフトは、現地時間3月14日に「Microsoft Edge」のセキュリティアップデートをリリースした。同ブラウザ特有の脆弱性も含め、あわせて4件の脆弱性を解消している。

「Chromium 122.0.6261.129」「同122.0.6261.128」がリリースされたことを受け、同バージョンをベースとした「Microsoft Edge 122.0.2365.92」をリリースしたもの。

「Chromium」で修正された「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-2400」にくわえて、「Microsoft Edge」特有の脆弱性3件についても修正した。

セキュリティ機能をバイパスされる「CVE-2024-26163」「CVE-2024-26246」のほか、修正の準備を進めていたAndroid版におけるなりすましの脆弱性「CVE-2024-26167」にも対応している。

いずれも重要度は4段階中もっとも低い「注意(Low)」とした。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「CVE-2024-26163」が「4.7」、「CVE-2024-26246」が「3.9」、「CVE-2024-26167」が「4.3」となっている。

(Security NEXT - 2024/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
「VMware ESXi」も標的とするランサムウェア「Akira」に警戒を
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
認可保育所に無関係の副食費免除対象者情報を誤送信 - 青梅市
市内小学校で児童指導要録抄本が所在不明に - 川崎市
被災労働者の個人情報含むファイルをメール誤送信 - 労働基準監督署
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破