Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処

マイクロソフトは、ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge 103.0.1264.49」をリリースした。

急遽、「Chromium Chrome 103.0.5060.114」がリリースされたことを受け、アップデートを実施したもの。「WebRTC」におけるヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-2294」に対処した。

同脆弱性についてはChromiumチームによって悪用が確認されており、「Chrome」についてもWindows版やAndroid版、延長安定版においてアップデートが提供されている。

(Security NEXT - 2022/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正