Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能

日立ソリューションズは、メール向けセキュリティ対策製品「活文 Enterprise Mail Platform」に、メールの添付ファイルやHTMLメールへの対策オプションを11月1日より提供開始する。

同製品は、送信メールの一時保留機能をはじめ、上長による確認や添付ファイルの自動暗号化機能など、メールの誤送信対策機能を備えたメール向けセキュリティソリューション。

今回あらたに、「メール無害化オプション」を追加。インターネットのメールサーバより転送されたメールに添付されたファイルを削除したり、画像ファイルへ変換する機能を搭載。またHTML形式のメールをテキスト形式に変換することが可能。変換前のメールや添付ファイルは別のサーバに保管。必要に応じて閲覧できる。

同ソリューションの価格は、1000ユーザーで167万6160円。メール無害化オプションの価格は、1000ユーザーで134万2440円。

(Security NEXT - 2016/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応