Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年2Qのクレカ不正使用被害額は35.7億円 - 番号盗用被害が増加

2016年第2四半期におけるクレジットカードの不正使用被害額は35億7000万円だった。前期の37億円から3.5%の減少となったが、そのうち6割超を占めるクレジットカード番号の盗用による被害は、前四半期を上回った。

日本クレジット協会が、クレジットカード発行会社を対象にカードの不正使用被害実態調査を実施。45社から得た回答を取りまとめたもの。

同四半期の不正使用被害額は35億7000万円で、前期の37億円から3.5%減。被害額の内訳を見ると、クレジットカード番号の盗用による被害が全体の64.1%にあたる22億9000万円。前期の22億6000万円から1.3%増加した。偽造カードによる被害は7億3000万円で18.9%減、それ以外の不正使用被害は5億5000万円だった。

クレジットカード番号の盗用による被害を国内外で比較すると、61%にあたる14億円の被害が国内で発生。国外は39%にあたる8億9000万円だった。一方偽造カードは、比率が国内外で逆転。国内の被害は2億5000万円と34.3%。一方65.7%にあたる4億8000万円の被害は海外で発生していた。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加