Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアが前年同期比128%増に - モバイル狙うマルウェアも活発

Intel Securityは、2016年第2四半期に130万件のあらたなランサムウェアを検出したことを明らかにした。前年同期比128%増となったという。

20160923_ma_001.jpg
あらたなマルウェアの検知件数(グラフ:Intel Security)

同社が、2016年第2四半期に検知した脅威の状況を取りまとめたもの。

同四半期にあらたに検出したマルウェアは4000万件を突破。

2015年第2四半期から4四半期連続で増加しており、5000万件に達した2014年第4四半期に次いで多かったという。データベースに登録されたマルウェアは、1年間で32%増加して6億を超えた。

20160923_ma_002.jpg
ランサムウェアの累計(グラフ:Intel Security)

なかでもランサムウェアの増加は顕著で、あらたに130万件の検体を検出し、過去最高となった。

2015年第2四半期から4四半期連続で増加しており、検体の累計は700万件を突破。前年同期から128%増加した。

Wordファイルのマクロを利用するマルウェアも多数検知されており、前四半期の約3倍にあたる18万件弱にのぼった。ランサムウェアの「Locky」をはじめ、「Necurs」や「Dridex」といったマルウェアの感染を広げるため、ダウンローダーとして用いられたという。

また同四半期に同社で過去最高となる200万件弱のモバイル端末を狙ったマルウェアをあらたに検出した。これまでの累計は1050万件となり、前年同期から151%増となった。同社では8%のユーザーから感染の報告を受けたという。

(Security NEXT - 2016/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発