Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、メジャーアップデートとともに「iOS 10.0.1」をリリース

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OS「iOS 10.0.1」をリリースした。

20160914_ap_001.jpg
「iOS 10」の修正も含まれる「iOS 10.0.1」

同アップデートは、1件の脆弱性を解消するアップデート。

メジャーアップデートである「iOS 10」における脆弱性7件の修正も含まれており、CVEベースで実質8件の脆弱性に対処している。

同社では、最新スマートフォン「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の発売にあわせ、メジャーアップデートとなる「iOS 10」を米時間9月13日にリリースしたが、今回のマイナーバージョンアップは同日のリリースとなった。

「iOS 10」では、ソフトウェアアップデートに関連する脆弱性をはじめ、メール、メッセージ、キーボード、位置情報、サンドボックスなどの脆弱性に対応。

また「iOS 10.0.1」では、Lookoutとトロント大学のCitizen Labが報告したカーネルメモリの内容が漏洩する「CVE-2016-4655」について修正を行ったという。

同脆弱性は通称「Trident」とも呼ばれており、諜報ソフトに利用されていた。「iOS 9」に関しては、「iOS 9.3.5」で修正されている。

「iOS 10.0.1」で修正される脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-4741
CVE-2016-4719
CVE-2016-4746
CVE-2016-4747
CVE-2016-4740
CVE-2016-4749
CVE-2016-4620
CVE-2016-4655

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「Spectre」緩和策を追加した「macOS」や「iOS」を公開
「Meltdown」「Spectre」の影響、MacやiOSデバイスにも - 一部は修正済み
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定