Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

投資ファンドが「Intel Security」を取得、Intelと新会社「McAfee」設立

投資ファンド会社のTPGキャピタルは、Intelのセキュリティ部門である「Intel Security」を買収し、両社共同で新会社「McAfee」を設立する。

TPGでは、Intelへ31億ドルを支払うとともに、新会社へ11億ドルをあらたに投資。今回の投資規模は42億ドルにのぼり、新会社の過半数にあたる株式51%を保有する。

Intelでは、引き続き49%の株式を保有し、Intelの上級副社長で、Intel SecurityのゼネラルマネージャーであるChris Young氏とマネジメントチームが新会社の経営にあたる予定。

Intelでは、2011年にMcAfeeを買収。「McAfee」のブランドを「Intel Security」ブランドへの移行を進めてきたが、新会社の設立によって再び「McAfee」が復活することとなる。

(Security NEXT - 2016/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開
CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定