Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

投資ファンドが「Intel Security」を取得、Intelと新会社「McAfee」設立

投資ファンド会社のTPGキャピタルは、Intelのセキュリティ部門である「Intel Security」を買収し、両社共同で新会社「McAfee」を設立する。

TPGでは、Intelへ31億ドルを支払うとともに、新会社へ11億ドルをあらたに投資。今回の投資規模は42億ドルにのぼり、新会社の過半数にあたる株式51%を保有する。

Intelでは、引き続き49%の株式を保有し、Intelの上級副社長で、Intel SecurityのゼネラルマネージャーであるChris Young氏とマネジメントチームが新会社の経営にあたる予定。

Intelでは、2011年にMcAfeeを買収。「McAfee」のブランドを「Intel Security」ブランドへの移行を進めてきたが、新会社の設立によって再び「McAfee」が復活することとなる。

(Security NEXT - 2016/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定
日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏
KDDIとラック、セキュリティソリューション扱う合弁会社を設立
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化