Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金

コザ信用金庫は、浦添支店において、顧客情報475件が記録されたATMジャーナルを誤って廃棄したことを公表した。

同金庫の浦添支店に設置されたATM機において、1月14日から2月3日までの取引情報が記録されたジャーナル紙1ロールを誤廃棄したもの。

同帳票には、1008件の取引情報が記録されており、取り引き内容によって内容が異なるが、顧客475件の氏名や口座番号、金融機関コード、支店コード、取引金額、残高などが含まれる。

紛失判明後、内部調査により対象となるジャーナルを特定。廃棄業者が回収し、誤ってシュレッダー処理していたことを確認したとしており、外部漏洩の可能性については否定している。

(Security NEXT - 2016/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
22店舗でのべ1万8000件の顧客情報紛失が判明 - 東邦銀
約14万件のATM取引情報を記録したジャーナルを紛失 - 東邦銀行
7万3000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 四国銀行
各国の大学を狙った不正アクセス、国内大学が被害を公表
4支店で顧客情報含む帳票の紛失が判明 - 豊和銀行
顧客情報2万2000件含むATMジャーナルが所在不明に - 横浜銀
顧客情報1481件含むATMジャーナルが所在不明 - 北央信組
顧客情報含むATMジャーナルを子会社が誤廃棄 - 南日本銀