Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀

北都銀行は、ATMの取引情報が記録された光ディスク1枚を紛失したことを明らかにした。

同行によれば、9月7日に鷹巣支店に統合した旧合川支店において、ATMのジャーナルが記録されたCD-Rを紛失したもの。店舗統合にともない9月4日にATMを撤去したが、回収したCD-Rの所在がわからない状態だという。

問題のCD-Rには、2019年11月23日から2020年6月7日まで店舗内ATMで扱った取引情報2万4147件、顧客情報3977件が記録されていた。

ATMを利用した顧客の氏名、金融機関コード、支店番号、口座番号、入出金金額、取引後の残高などのほか、取り引きが振り込みの場合は振込依頼人名、依頼人電話番号、振込先口座の情報などが含まれる。記録内容は暗号化されており、復元するには特殊なシステム環境が必要だという。

同行では、CD-Rについて不正に持ち出された形跡はなく、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2020/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高