Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀

島根銀行は、ATMにおける取引内容を記録した光ディスクが所在不明となっていることを明らかにした。

同行によれば、取引内容を光ディスクに記録したATMのジャーナルについて点検を実施したところ、2020年12月28日に2カ所のATMにおいて紛失が発覚。これを受け全ATMで調査を行ったところ、先に判明した2カ所を含む全7カ所のATMで、7枚のディスクが所在不明となっていることが判明した。

今回紛失が判明したジャーナルには、あわせて2万8553口座に関する情報が記録されていた。顧客のカタカナ氏名、口座番号、取引金額、取引後の残高のほか、取引内容が振り込みの場合には、受取人のカタカナ氏名や受取人の口座番号、依頼人の電話番号が含まれる。またクレジット関連の取り引きでは、クレジットカード番号などを記録していた。

同行では、紛失したジャーナルについて誤って廃棄された可能性が高いと説明。データについて暗号化も実施していたという。同社は専用の窓口を設置し、顧客へ対応している。

(Security NEXT - 2021/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀