Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月にWordPressユーザーの交流イベント - 攻撃デモで防御法学ぶセッションも

WordPressの利用者や開発者を対象とした交流イベント「WordCamp Tokyo 2016」が、9月17日、18日に都内で開催される。セキュリティに関連したセッションも予定されている。

同イベントは、オープンソースのCMSである「WordPress」のユーザーや開発者、デザイナーなどを対象とした交流イベント。

1日目の「セッションデイ」は、4トラック30以上のセッションが予定されている。HASHコンサルティングの徳丸浩氏による「CMS四天王への攻撃デモを通じて、WordPressの効果的な防御法を学ぼう」のほか、鍋島公章氏による「WordPressのCDN化:高速化とセキュリティ」、Marko Heijnen氏による「Security – More important than ever」などセキュリティ関連のセッションを用意している。

2日目は「コントリビューターデイ」。WordPressに貢献する人物をメンターとして招き、オープンソースへの貢献について学ぶ。またチームハッカソンを開催、WordPressを使ったチームによるサイト作成を楽しむことができる。

会場は、ベルサール新宿グランド。イベントの詳細やチケットの購入方法などは、ウェブサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2016/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5月末にトネリングによる「RDP」接続が急増
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知