Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月にWordPressユーザーの交流イベント - 攻撃デモで防御法学ぶセッションも

WordPressの利用者や開発者を対象とした交流イベント「WordCamp Tokyo 2016」が、9月17日、18日に都内で開催される。セキュリティに関連したセッションも予定されている。

同イベントは、オープンソースのCMSである「WordPress」のユーザーや開発者、デザイナーなどを対象とした交流イベント。

1日目の「セッションデイ」は、4トラック30以上のセッションが予定されている。HASHコンサルティングの徳丸浩氏による「CMS四天王への攻撃デモを通じて、WordPressの効果的な防御法を学ぼう」のほか、鍋島公章氏による「WordPressのCDN化:高速化とセキュリティ」、Marko Heijnen氏による「Security – More important than ever」などセキュリティ関連のセッションを用意している。

2日目は「コントリビューターデイ」。WordPressに貢献する人物をメンターとして招き、オープンソースへの貢献について学ぶ。またチームハッカソンを開催、WordPressを使ったチームによるサイト作成を楽しむことができる。

会場は、ベルサール新宿グランド。イベントの詳細やチケットの購入方法などは、ウェブサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2016/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「RIG EK」による感染被害が急増 - 警察が約300の踏み台サイトに指導
プライム・ストラテジーとHASHコンサル、WPのプラグインやテーマを共同検証
CMSにおけるセキュリティ対策の要所を解説 - IPA
サイト改ざんに注意、闇市場で認証情報出回る
2016年2Q、引き続き多発するウェブ改ざん被害 - DoS攻撃は一服
NTTデータ先技、「Drupal」の開発者向けに日本語翻訳サイト
サイト改ざんが1.5倍強、ランサムウェア感染のDBD攻撃なども - DoS攻撃は約8倍に
2015年4Qはサイト改ざんが4割増 - CMSの脆弱性が標的に
WordPressや顧客情報保有サイトが標的に
ウェブ経由の攻撃エクスプロイト、「Java」狙い9割