Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月末にトネリングによる「RDP」接続が急増

5月27日から31日にかけて、トンネリングを用いたリモードデスクトップ接続が多数検知された。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、5月に同社マネージドセキュリティサービスにおいて「IPS」「IDS」により観測した攻撃の状況を取りまとめたもの。

前月までNetis製やNetcore製ルータの脆弱性を狙う攻撃が過半数を占める傾向が続いていたが、同月は23ポイント減少。48.6%と過半数を割った。

割合の減少は、5月27日から31日にかけてトンネリングを用いたTCP 443番ポートに対するリモードデスクトップ接続を多く検出したことが起因しているという。

同社では「RDP Tunneling Attempt Detected」として検知。月末5日間の検知だけで全攻撃の30.4%を占めた。スキャン活動は5月27日の23時ごろから活発になり、スキャンを行う送信元IPアドレスの数も急増した。

発信元はロシアのIPアドレスで、特定のISPが所有するIIPアドレスだった。以前から観測されているスキャン活動であると考えられる。同社では3月にもアクセスの増加を観測している。

そのほか、おもに中国を送信元として、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Joomla」の脆弱性を狙い、コードを実行を試みる攻撃が、5月4日から増加するなどの動きが見られた。

(Security NEXT - 2019/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市