Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年上半期のランサムウェア感染、前年同期比7倍 - 法人の被害増加目立つ

2016年上半期における国内のランサムウェア感染被害は、前年同期比で7倍の規模に拡大しているとの調査結果をトレンドマイクロが取りまとめた。特に法人における被害の拡大が目立っているという。

20160826_tm_001.jpg
感染被害報告(グラフ:トレンドマイクロ)

同社が、2016年1月から6月における脅威動向を取りまとめたもの。同期間に同社へ寄せられたランサムウェアの感染被害報告を見ると、2016年第1四半期は法人740件、個人130件で、第2四半期は法人770件、個人100件だった。

合計すると1740件でこれは前年同期と比較すると7倍にあたる数字だという。特に法人での被害が目立ち、前年同期比9倍に拡大。法人が被害報告数全体の87%を占めた。

同社クラウド基盤における検出台数に関しても同じく拡大傾向を示している。2016年第1四半期の国内におけるランサムウェアの検出台数は法人2300件、個人6000件。続く第2四半期は法人2200件、個人6100件となり、あわせると1万6600件で前年同期比9倍にあたる。法人に限れば、4500件は前年同期の35倍にあたるという。

20160826_tm_002.jpg
ランサムウェアの種類(グラフ:トレンドマイクロ)

検出台数をランサムウェアの種類別に見ると、2016年2月に初めて確認された「Locky」が、2015年から継続して確認されている「Cryptwall」「Teslacrypt」を押さえて全体の50%を占めた。また、2016年3月に登場した「Cerber」や4月に登場した「Waltrix」などの新種ランサムウェアも国内で確認されている。

世界では同期で70種以上の新種ランサムウェアが登場しているが、その一部が国内に流入していることになり、海外で発生した攻撃が早期に国内へ影響を及ぼしているという。

(Security NEXT - 2016/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算