Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向け「LINE」自動UD機能の脆弱性、再修正を実施

Windows版の「LINE」が備える自動アップデート機能に脆弱性が明らかとなった問題で、同社は当初修正済みとしたバージョンに問題があることが判明したとして、再度修正を実施した。

問題の「CVE-2016-4850」は、同ソフトウェアの自動アップデート機能において、中間者攻撃により不正なファイルを読み込むおそれがある脆弱性。

同社は、8月19日に脆弱性を公表し、対象となるバージョンを「同4.8.1.1112」および以前のバージョンとし、「同4.8.2」で脆弱性を修正したとしていたが、その後、修正の不備が判明。「同4.8.2.1125」および以前のバージョンが影響を受けるとし、あらたに修正版として「同4.8.3」を公開した。

同社は対象となるバージョンの利用者に対し、自動アップデート機能を利用せず、最新版を同社サイトから入手し、再インストールすることを推奨。また脆弱性についてJPCERTコーディネーションセンターへ報告し、JVNを通じても情報を公開している。

(Security NEXT - 2016/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ