Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」

NECプラットフォームズは、外食産業向けにPOSノトラブルや故障などを検知する「稼働監視サービス」の販売を提供開始した。

多店舗展開する外食産業の事業者向けにトータルパッケージ「FoodFrontia」の新機能として提供するもの。統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」をベースに開発した。

同社監視センターからネットワーク経由でPOS端末などの寿命や稼働、異常などを監視。検知した場合は自動敵に通報を行うことが可能。POSマスターデータの定期的なバックアップや監視状況のレポートサービスなどもオプションで提供する。

基本パックは、POS1台あたり月額400円。同社では、今後3年間で1万5000店舗に導入したい考え。

(Security NEXT - 2016/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化