Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

60万以上のサイトで導入済のWordPress用フォームプラグインに脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「Ninja Forms」に、SQLインジェクションの脆弱性が判明した。

同プラグインは、フォーム機能を追加できるソフトウェア。60万以上のサイトに導入されている。脆弱性を確認したSucuriによれば、サイトの登録者など、アカウントの保有者によって、SQLコマンドが実行可能となる脆弱性が存在するという。

アカウント保有者であれば、権限に関係なく脆弱性を悪用することが可能。ユーザー名やハッシュ化されたパスワードにくわえ、特定条件下でハッシュ値のソルト化に用いられるWordPressのシークレットキーを、取得されるおそれがあるとしている。

Sucuriでは、開発者へ脆弱性を報告。開発者は、8月11日にリリースした「同2.9.55.2」で脆弱性を修正。さらに同月16日には、ほかの問題にも対処した「同2.9.56」をリリースしている。Sucuriでは影響を受けるバージョンの利用者へできるだけ速く最新版へアップデートを行うよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件