Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

60万以上のサイトで導入済のWordPress用フォームプラグインに脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「Ninja Forms」に、SQLインジェクションの脆弱性が判明した。

同プラグインは、フォーム機能を追加できるソフトウェア。60万以上のサイトに導入されている。脆弱性を確認したSucuriによれば、サイトの登録者など、アカウントの保有者によって、SQLコマンドが実行可能となる脆弱性が存在するという。

アカウント保有者であれば、権限に関係なく脆弱性を悪用することが可能。ユーザー名やハッシュ化されたパスワードにくわえ、特定条件下でハッシュ値のソルト化に用いられるWordPressのシークレットキーを、取得されるおそれがあるとしている。

Sucuriでは、開発者へ脆弱性を報告。開発者は、8月11日にリリースした「同2.9.55.2」で脆弱性を修正。さらに同月16日には、ほかの問題にも対処した「同2.9.56」をリリースしている。Sucuriでは影響を受けるバージョンの利用者へできるだけ速く最新版へアップデートを行うよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通