Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報をウェブサイトに誤記載 - 多摩市立図書館

東京都多摩市の市立図書館において、掲載したPDFファイルからパブリックコメント提出者の個人情報が一時取得できる状態が発生したことがわかった。

同市が8月2日10時半ごろ、同図書館のウェブサイトに「多摩市読書活動振興計画 別冊 パブリックコメント等の記録」のPDFファイルを掲載したが、ファイルから意見の提出者に関する個人情報が削除されていなかったという。

表示を黒塗りにしていたが、データが削除されておらず、コピー操作によって取得できる状態だった。同日17時ごろ住民より指摘があり問題が判明。同市では17時15分にファイルの掲載を中止している。

ファイルには、意見を提出した43人のうち、匿名2人を除く41人の氏名、住所、電話番号、メールアドレスが含まれる。図書館の業務用端末によるアクセス34件を含む42件のアクセスがあったという。

同市では、ファイルをダウンロードした人を特定、連絡を取って削除を依頼した。また対象となる市民に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
顧客情報記載の書類を搬送中に紛失 - 常陽クレジット
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
高校で生徒の個人情報含む記録簿が所在不明 - 大阪府
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大
従業員が顧客情報記載の書類を紛失 - SGローソン
園児の個人情報含む災害時用衣服を紛失 - 港区