Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニック米国子会社、脆弱性報奨金プログラムに参加

パナソニックの米国子会社であるPanasonic Avionics Corporationは、脆弱性報奨金プログラムに参加すると発表した。

同社が、HackerOneのバグバウンティプログラムへの参加を表明したもの。DEF CONの期間中である8月上旬にスタートする見込み。

同社は、これまでもセキュリティへ積極的に対策を講じてきたとする一方、外部ホワイトハッカーの協力のもと、潜在的な脆弱性への対応を強化する。

Panasonic Avionics Corporationは、航空機の機内向けエンターテイメントシステムや機内通信システムを提供するパナソニックの米国子会社。ブロードバンド通信やグローバルライブテレビ放送を利用できる機内向け通信システムは、すでに民間航空会社1000機体以上へ納入している。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
バグバウンティプログラムの報奨金額上限を増額 - Kaspersky
「Chrome 65」がリリース、セキュリティに関する45件の修正を実施
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
脆弱性報告の報奨金が期間限定で最大5倍に - サイボウズ
LINEのバグ報奨金プログラム、10カ月で133件の報告 - 脆弱性認定は5件
千葉大、同大生対象の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催
「Chrome」のアップデートがまもなくリリース - セキュリティ関連で21件の修正