Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、総額5万ドルの脆弱性報奨金プログラムをスタート

Kaspersky Labは、脆弱性の発見者に対して報奨金を支払う「Kaspersky Bug Bounty Program」を開始した。

HackerOneで展開するもので、第1フェーズは8月3日から6カ月間実施する予定。報奨金の総額は5万ドルだという。コンシューマー向け製品「Kaspersky Internet Security」と法人向けエンドポイントセキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security」が対象となる。

同社は、脆弱性報奨金プログラムについて、「企業にとって効果的で実証済みの方策」と指摘。同プログラムを通じて脆弱性への対応を強化するほか、外部のセキュリティリサーチャーとの連携を強化したい考え。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
サイボウズ、2020年度の脆弱性報奨金制度をスタート
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
「LINE」にプロフ画像変更される脆弱性 - ゼロデイ攻撃被害も、利用者に確認呼びかけ
Palo AltoのVPN機能旧版にRCEの脆弱性 - バージョンの確認を
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定