Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、総額5万ドルの脆弱性報奨金プログラムをスタート

Kaspersky Labは、脆弱性の発見者に対して報奨金を支払う「Kaspersky Bug Bounty Program」を開始した。

HackerOneで展開するもので、第1フェーズは8月3日から6カ月間実施する予定。報奨金の総額は5万ドルだという。コンシューマー向け製品「Kaspersky Internet Security」と法人向けエンドポイントセキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security」が対象となる。

同社は、脆弱性報奨金プログラムについて、「企業にとって効果的で実証済みの方策」と指摘。同プログラムを通じて脆弱性への対応を強化するほか、外部のセキュリティリサーチャーとの連携を強化したい考え。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
バグバウンティプログラムの報奨金額上限を増額 - Kaspersky
「Chrome 65」がリリース、セキュリティに関する45件の修正を実施
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
脆弱性報告の報奨金が期間限定で最大5倍に - サイボウズ
LINEのバグ報奨金プログラム、10カ月で133件の報告 - 脆弱性認定は5件
千葉大、同大生対象の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催