Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、「企業経営のためのサイバーセキュリティの考え方」を策定

内閣サイバーセキュリティセンターは、「企業経営のためのサイバーセキュリティの考え方」を策定し、公表した。企業経営においてサイバーセキュリティを「費用」ではなく「投資」と捉えるべきであるとし、実装に向けた具体的なツールを示している。

企業がITへより大きく依存し、チャンスとリスクが増大する環境において、企業経営に期待されるサイバーセキュリティの基本的な考え方を示したもの。同センター普及啓発・人材育成専門調査会に設置された「セキュリティマインドを持った企業経営ワーキンググループ」が検討、取りまとめた。

同指針では、サイバーセキュリティが、あらたなビジネスの創出といった「挑戦」における「戦略の一環」である一方、「責任」が問われることもある社会の「要請」であることを基本認識として挙げた。

その上で、積極的な取り組みを情報発信することによる社会的な評価の向上、企業リスクに対する経営層のリーダーシップによる対応、委託先などサプライチェーン全体におけるセキュリティの確保など、これらへ留意すべきと指摘。セキュリティに対する認識や活用できるリソースなど、企業の状況において経営者に期待される「認識」や、実装に向けて活用できる「ツール」を紹介している。

(Security NEXT - 2016/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる