Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉大ら、産官学連携のサイバーセキュリティパートナーシップ

千葉大学は、千葉県警、千葉県中小企業支援機関、および県内の学術機関らと、サイバーセキュリティ対策強化を目的とした相互協定を締結した。

今回締結した「サイバーセキュリティパートナーシップ」は、産官学の連携によりサイバーセキュリティ対策の強化を支援するもの。協定締結機関が協力体制を構築し、サイバーセキュリティに関する情報共有や人材育成、啓発活動を中心に連携を図る。

千葉県警察本部、千葉県産業振興センター、千葉県商工会議所連合会、千葉県商工会連合会、千葉県中小企業団体中央会、千葉大学、千葉工業大学、東京農業大学、東京情報大学、木更津工業高等専門学校が協定締結機関として、今後活動を展開していく。

(Security NEXT - 2016/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向
JSSEC、スマホやIoTのセキュリティをテーマとしたシンポジウムを開催
「サイバーセキュリティ月間」の「キックオフサミット」が開催 - ニコ生でライブ予定
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究