Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉大ら、産官学連携のサイバーセキュリティパートナーシップ

千葉大学は、千葉県警、千葉県中小企業支援機関、および県内の学術機関らと、サイバーセキュリティ対策強化を目的とした相互協定を締結した。

今回締結した「サイバーセキュリティパートナーシップ」は、産官学の連携によりサイバーセキュリティ対策の強化を支援するもの。協定締結機関が協力体制を構築し、サイバーセキュリティに関する情報共有や人材育成、啓発活動を中心に連携を図る。

千葉県警察本部、千葉県産業振興センター、千葉県商工会議所連合会、千葉県商工会連合会、千葉県中小企業団体中央会、千葉大学、千葉工業大学、東京農業大学、東京情報大学、木更津工業高等専門学校が協定締結機関として、今後活動を展開していく。

(Security NEXT - 2016/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
総務省、重要IoT機器の脆弱性調査を実施 - 脆弱な機器の所有者へ注意喚起も
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
OWASP、開発段階のセキュリティ実装を支援するトレーニングイベント
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」