Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新興エンドポイント対策製品市場、前年比64.1%増

ITRは、従来のマルウェア対策製品とは異なるエンドポイント保護製品の国内市場規模と今後の予測を取りまとめた。2020年には52億円規模に拡大すると見込んでいる。

20160622_it_001.jpg
市場動向の推移予測(グラフ:ITR)

同社では、従来のマルウェア対策製品で防ぐことが難しい未知の脅威に対し、不自然な挙動などから攻撃を検知、防御するエンドポイント対策製品をEDR(Endpoint Detection and Response)と定義。同市場予測を取りまとめた。

2014年度の国内市場は6億円だったが、2015年に本格的な市場が形成されたとし、2015年度は前年度比64.1%増となる10億5000万円へと拡大。

同市場の需要拡大が見込まれるとし、2016年度の市場規模は69.5%増の18億円と予想。2020年度までの年平均成長率は37.7%、2020年度を52億円と同社では分析している。

(Security NEXT - 2016/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加