Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新興エンドポイント対策製品市場、前年比64.1%増

ITRは、従来のマルウェア対策製品とは異なるエンドポイント保護製品の国内市場規模と今後の予測を取りまとめた。2020年には52億円規模に拡大すると見込んでいる。

20160622_it_001.jpg
市場動向の推移予測(グラフ:ITR)

同社では、従来のマルウェア対策製品で防ぐことが難しい未知の脅威に対し、不自然な挙動などから攻撃を検知、防御するエンドポイント対策製品をEDR(Endpoint Detection and Response)と定義。同市場予測を取りまとめた。

2014年度の国内市場は6億円だったが、2015年に本格的な市場が形成されたとし、2015年度は前年度比64.1%増となる10億5000万円へと拡大。

同市場の需要拡大が見込まれるとし、2016年度の市場規模は69.5%増の18億円と予想。2020年度までの年平均成長率は37.7%、2020年度を52億円と同社では分析している。

(Security NEXT - 2016/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多