Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ人材、2020年に約19.3万人不足 - 給与水準改善が鍵か

情報セキュリティ分野の人材は、2016年の時点で約13万人が不足しており、2020年には19万人超に拡大するとの調査結果を、経済産業省が取りまとめた。

同省が、IT人材についてアンケート調査や有識者による研究会を実施し、中長期的な動向をまとめたもの。

20160610_me_003.jpg
セキュリティ人材および不足数の予測(グラフ:経産省)

同調査によれば、2016年の時点で、セキュリティベンダーやITベンダーにおけるセキュリティ人材は4万2190人、ユーザー企業におけるセキュリティ人材は23万8680人と推定。あわせて28万870人が従事している。

一方で潜在的に求められる人材は41万2930人に及ぶとし、13万2060人が不足している状況だという。また2020年にはセキュリティ人材への潜在需要が37万1320人に達すると予測。不足数は19万3010人まで拡大するとの見通しを示した。

ユーザー企業におけるセキュリティ人材の不足感を調査したところ、全体的な情報セキュリティ対策の統括者、部署内の情報セキュリティ管理者のいずれについても、5割弱の企業が不足を感じていると回答。「必要人数は確保できている」と回答した企業は4分の1にとどまった。

(Security NEXT - 2016/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート