Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、米Northrop Grummanと協業 - サイバー演習基盤を導入

NECは、米Northrop Grummanとサイバーセキュリティ分野で協業し、サイバー演習基盤の導入やサービスを提供する。

NECでは、今回の協業を通じて、サイバー攻撃対策を支援する同社拠点にNorthrop Grummanのサイバーレンジシステム「J-CORTEX」を導入した。同システムは、演習や教育、システムテスト、調査などに活用できるサイバーレンジシステム。

現実の組織が利用するシステムやネットワーク環境に近い数百から数千台規模の模擬環境を数時間で構築できるとしており、NECでは自社の能力向上のほか、三菱商事と協力し、国内組織向けに展開していく。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成