Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2016」がスタート、決勝はふたたび「2日間」に

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、国内最大のセキュリティコンテスト「SECCON 2016」を開催する。CTF関連イベントなどもあわせて展開し、セキュリティ人人材の育成を推進していく。

20160608_sc_001.jpg

同イベントは、情報システムに関連するセキュリティ技術や知識などを競う国内最大級のCTF(Capture The Flag)競技大会。2012年より開催しており、今回で5回目を迎えた。前回「SECCON 2015」には、65カ国3343人が参加しており、今回はそれを上回る4000人の参加を目標として掲げている。

7月17日の九州大会を皮切りに、学生を対象とした4回の地方予選と、国内外の一般参加者を対象としたオンライン予選を実施。決勝大会は、2017年1月28日、29日を予定している。

前回の「SECCON 2015」では、学生大会と国際大会を別々に開催し、決勝大会は、それぞれ1日づつで争われた。

2016年度は、予選が学生と国際大会でわかれるものの、決勝は同じ土俵で争うことになり、ふたたび競技時間も2日間へと延長された。技術力にくわえ、マネジメント能力や体力なども求められることになる。

(Security NEXT - 2016/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
JNSA、スキル可視化GLのβ版を公開 - 「プラス・セキュリティ人材」にも焦点
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供