Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qの不正送金、個人被害は過去最悪を更新

2016年第1四半期のオンラインバンキングにおける不正送金被害は、個人において被害が拡大しており、件数ベースでは過去最悪となった。一方法人は件数、被害額ともに減少したという。

全国銀行協会が、会員191行を対象に、オンラインバンキングの不正送金被害についてアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、すぐに振込先から金銭が引き出され、被害者に返還できなかったケースについて集計している。

2016年1月から3月にかけて発生した不正送金は459件。前期の198件を大きく上回った。

件数の内訳を見ると、個人における被害が前四半期の179件から約2.5倍にあたる453件に急増。ピークを迎えた2014年第2四半期のを438件を上回り、過去最悪を記録した。一方法人の被害は6件。前期の19件から約3分の1に減少している。

被害額を見ると、個人では、前四半期の1億7500万円から4億5600万円へと約2.5倍に拡大。2014年第2四半期の5億4700万に次ぐ規模となっている。一方法人は前期の7300万円から3300万円に改善した。

補償状況を見ると、金融機関において対応方針を決定した185件のうち、99.5%にあたる184件が補償の対象になったという。

(Security NEXT - 2016/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
2018年4Qの不正送金被害、さらなる低水準に - 全銀協まとめ
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増