Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約20人に1人が業務用スマートフォンをルート化

組織内部のセキュリティポリシーについて、「基本的なことは知っている」「よくわかっている」と答えた人はあわせて63.7%。また12.4%は、セキュリティポリシーを破った経験がある。

端末のパスワードロックについて、16.6%が設定していなかった。一方、83.4%は設定しているものの、「自分の誕生日(3.4%)」や「1234、0000など覚えやすいパスワード(5.6%)」を設定しているケースも見られる。また7.3%は業務で使用するスマートフォンを紛失した経験があった。

公式サイト以外からアプリをダウンロードしたことが「ある」との回答は8.1%。0.5%は組織内でマルウェア感染が発覚していた。また約2割が不審なサイトやポルノサイトへアクセスした経験がある。

さらに業務で利用する端末において、「ジェイルブレイク(脱獄)」や「ルート化」を行ったことがあるユーザーは、4.8%にのぼった。組織が支給した端末では5.3%にのぼり、個人の所有端末における4.6%を上回っている。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験