Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約20人に1人が業務用スマートフォンをルート化

組織内部のセキュリティポリシーについて、「基本的なことは知っている」「よくわかっている」と答えた人はあわせて63.7%。また12.4%は、セキュリティポリシーを破った経験がある。

端末のパスワードロックについて、16.6%が設定していなかった。一方、83.4%は設定しているものの、「自分の誕生日(3.4%)」や「1234、0000など覚えやすいパスワード(5.6%)」を設定しているケースも見られる。また7.3%は業務で使用するスマートフォンを紛失した経験があった。

公式サイト以外からアプリをダウンロードしたことが「ある」との回答は8.1%。0.5%は組織内でマルウェア感染が発覚していた。また約2割が不審なサイトやポルノサイトへアクセスした経験がある。

さらに業務で利用する端末において、「ジェイルブレイク(脱獄)」や「ルート化」を行ったことがあるユーザーは、4.8%にのぼった。組織が支給した端末では5.3%にのぼり、個人の所有端末における4.6%を上回っている。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」