Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約20人に1人が業務用スマートフォンをルート化

業務でスマートフォンを利用する約20人に1人が、端末のルート化を行った経験があることがわかった。また8.1%は公式サイト以外からアプリをダウンロードした経験があるという。

ジェイルブレイクやルート化した経験があるユーザーの割合
業務用スマートフォンでジェイルブレイクやルート化した経験があるユーザーの割合(グラフ:Lookout)

Lookoutが、日本企業に勤め、業務でスマートフォンを利用している首都圏在住20歳以上の男女を対象にアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。サンプル数は1000。

回答者の利用端末のOSを見ると、53.3%がiPhoneを利用。41.4%がAndroid端末を利用していた。

業務で個人の端末を利用しているケースは60%で、会社支給の端末利用者は40%だった。企業規模から個人端末利用者の割合を見ると、従業員が1000人以上の企業の場合47.6%だったのに対し、1000人未満の企業で66.5%となり、規模が大きいほど、個人端末を利用する割合が低かった。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱