Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約20人に1人が業務用スマートフォンをルート化

業務でスマートフォンを利用する約20人に1人が、端末のルート化を行った経験があることがわかった。また8.1%は公式サイト以外からアプリをダウンロードした経験があるという。

ジェイルブレイクやルート化した経験があるユーザーの割合
業務用スマートフォンでジェイルブレイクやルート化した経験があるユーザーの割合(グラフ:Lookout)

Lookoutが、日本企業に勤め、業務でスマートフォンを利用している首都圏在住20歳以上の男女を対象にアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。サンプル数は1000。

回答者の利用端末のOSを見ると、53.3%がiPhoneを利用。41.4%がAndroid端末を利用していた。

業務で個人の端末を利用しているケースは60%で、会社支給の端末利用者は40%だった。企業規模から個人端末利用者の割合を見ると、従業員が1000人以上の企業の場合47.6%だったのに対し、1000人未満の企業で66.5%となり、規模が大きいほど、個人端末を利用する割合が低かった。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験