Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ブロックチェーン協会を設立 - 普及活動や政策提言を展開

ブロックチェーンを活用したサービスを提供する事業者による日本ブロックチェーン協会(JBA)が発足した。

仮想通貨をはじめとするブロックチェーンを活用したサービスを安全に提供することを目的としたもので、日本価値記録事業者協会を改組してあらたに設立したもの。会員16社と賛助会員12社が参加している。

具体的な活動として、ブロックチェーン技術の社会インフラへの応用や政策提言、関係省庁や関係団体との連携、交流会や勉強会の開催、技術を利用した新規事業化する法人への支援などを計画。

また国内でのPRイベントや、国内の仮想通貨関連団体との連携、海外の事業者団体との連携など展開していく。

参加事業者は以下のとおり。

bitFlyer
Payward Japan
レジュプレス
Orb
ガイアックス
コンセンサス・ベイス
カレンシーポート
シビラ
ソラミツ
Nayuta
VOYAGE GROUP
日本マイクロソフト
GMO インターネット
Gunosy
スマートコントラクトジャパン
デカルトサーチ

(Security NEXT - 2016/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から